ベリーダンスで妊娠前よりキレイなくびれに!以前よりおしゃれも楽しんでいます

妊娠中に増えた体重を戻すため、ベリーダンスを始めてみました。

36歳主婦です。私は、妊娠中に12kgも体重が増えてしまいました。子供が2歳になった頃に習い始めた「ベリーダンス」よる、産後ダイエット法を紹介します。

妊娠初期に「食べづわり」が起きたため、ひたすら食べ物を摂取していました

私は、妊娠初期は「食べづわり」でした。つわりは妊娠2か月の早い時期から始まり、その後5か月目まで長く続きました。胃に何か入れていないと常に吐き気に襲われるため、毎時間おきに、クラッカーやゼリー飲料を摂取…。結果、妊娠5か月頃の安定期までに5kgも太ってしまったのです!

 
安定期以後も、フライドポテトやラーメンといった「こってりした食べ物」が食べたくてしかたなく、毎日のように脂っこい食べ物を食べていました。結果、妊娠前44kgでやせ型だった私は、臨月には56kgになりました…。

赤ちゃんが産まれると53kgになりましたが、子供が卵や乳成分のアレルギー体質だったため、母乳を与えると湿疹が出てしまい、生後2か月から「乳タンパク質成分」を除去した「ミルクアレルギー用粉ミルク」に切り替えて完全ミルクで育てました。よって、私は授乳によるカロリー消費が全くなく、体重は53kgのまま変わりません…。

 
さらに、育児中心の生活で引きこもりがちになり、初めての慣れない育児で毎日いっぱいいっぱい。「美」に気を遣う余裕などもちろんなく、髪はボサボサ、服もスウェットのまま1日中過ごしていました。このときの私は、外見も内面も、「女性としての魅力」を失っていたと思います。

 

子供が2歳の頃、周りのママさんとの違いに気づきます

そんな生活を続け、子供が2歳になった頃のことです。子供が活動的になるにつれ、公園や買い物など、外出する機会が急増してきました。

 
そこでは、私の容姿とは明らかに違う、スリムでおしゃれなママさんたちにも、たくさん出会いました。そんなママさんたちと話していると、なんだか自分がみすぼらしく感じ、

「このままではマズい!」

と、自分の体重や体型にようやく危機感を抱きました。そして、産後ダイエットに励む決心をしました。

 

食事制限は一切せずに、近所のベリーダンス教室へ!

とはいえ、食事制限は一切しませんでした。これは、子供が1人でご飯を食べると、食べ残しをしてしまうからです。「赤ちゃんには、『食事の時間は楽しい』と教えることが大事!」と育児番組で観ていたので、私は3食、子供と一緒に同じメニューを食べました。

 
そして、近所のスタジオで開催されているベリーダンス教室に通うことにしました。レッスンは1回1時間2000円で、私は月2回、子供を同伴できる「ママクラス」に通うことにしました。

 
まず行ってびっくりしたのが、50代の先生が、普通にお腹を出して踊っていることです。ベリーダンス界では「露出する」ということは当たり前なのです!30歳を過ぎてから、「肌の露出は控えめに…」とどこか保守的になっていた私には、ベリーダンスは、「もっと自分の女性性を開花させよう!」といういい刺激を与えてくれました。

 

思ったよりもハードで、最初はなかなか動きについていけませんでした

ベリーダンスの動きは、とてもハードです。一見簡単に見える1つ1つの動きが、実は、体幹や筋肉を多分に使い、さらに関節も柔軟でなければ全くこなせません。「ベリー=お腹」という意味ですが、腹筋は特に重要です!

 
産後に体力も筋力も劇的に落ちていた私は、最初の数回は全くレッスンについていけず、「家でも、たくさん練習をしなければ…」と自主練習を始めました。

 
家では、子供の昼寝中(約2時間)を利用して、まず腹筋とスクワットを1日30回しました。ベリーダンスのDVD付き本も2冊購入し、音量を小さくしてテレビで流し、これに合わせて、ベリーダンスの基本の動きを毎日練習しました。

 
ベリーダンスには、お尻をくるくる回す「ヒップサークル」や、腕を蛇のようにくねくね動かす「スネイクアームス」、左右の骨盤を交互にアップダウンさせて腰を振る「ラアシャ」といった、基本となる動きがいくつかあります。これら1つ1つの動きをじっくり1時間練習するだけでも、大変な運動量で、たくさん汗をかきます。

 
「ベリーダンスは、ときどきたくさんやるのではなく、毎日少しでもやったほうがいい」
と本に書いてあったので、子供が昼寝をしないときは、料理など立ちっぱなしの家事の時間を使って、少しでも「ヒップサークル」や「ラアシャ」などの動きの練習をしました。

 

夫にも協力してもらい、ジョギングも始め、どんどん成果が出てきました!

さらに、初め、レッスンで1時間踊り続ける持久力もなかった私は、夜にジョギングを始めました。毎晩夫の帰宅後、育児は夫に任せ、1~2kmジョギングをしました。夫は、ただ育児に疲弊してヘトヘトの生活をしていた以前の私が、没頭できることを見つけ、楽しんでいる様子が嬉しかったようで、私がジョギングに出かけるときは、喜んで育児を引き受けてくれました。

 
このような生活を続けて、2か月。体重は2kg落ちました!

 
その後も、1か月に約1kgのペースで体重は落ちていき、ベリーダンスをはじめてから8か月で、47kgになりました。産後から、6kg減量することに成功したのです!ダンスという運動でやせたため、代謝もアップしたようで、リバウンドもありません。ウェストも、ベリーダンスの動きのおかげで、妊娠前よりきれいなくびれになりました。

 
また、ベリーダンスという、独特のきらびやかな世界に入ったことで、メンタル面にも変化がありました。先生や、同じ受講生のママたちにもたくさん触発され、「もっと自分を美しく見せたい!」という意識がどんどん芽生え、今では、好きな服を着、ネイルやヘアスタイルにもこだわり、おしゃれも楽しんでいます。

 
ベリーダンスは、「全身で使わない部位はない」と言われているほど、全身を動かす運動です。やせるだけでなく、便秘が解消されたり、肩こりが治ったりという副効果もありました。

 
今では、ベリーダンスは、私の大切な趣味の1つ。これからも、「もっと美しく踊ることのできる自分」をたくさん追求して、楽しんで続けていきたいと思います。

 
ベリーダンスは、年齢を問わない踊りです。
「女なら誰でも踊れる」
と先生も言う通り、その年代にあった踊り方や美しさがあります。やせる効果だけでなく、美しいボディラインや健康作りにも、たくさんの女性にお勧めですよ。

みゆき