落花生で『ピーナッツバター』を自作!食感も美味しいサンドウィッチを作ります

10年以上前に妊娠をしたことがきっかけで、家族の食事改革を始めました。やはり子供には健康に良いものを食べさせたかったからです。

 
自分が一人暮らしをしていた時は全くそんなことは考えませんでしたが、出産を経て家族の食卓は大きく変わることとなりました。

 
食事は自分の手で作れるものは作ろうと思い、たくさん勉強してきました。ここでは自家製のピーナッツバターについて紹介をしていこうと思います。

我が子はお友達のサンドウィッチが羨ましかったようです

子どもが幼稚園に通うようになり、毎日お弁当を持たせていました。通ううちに、子どもから「お友達の持ってきていたサンドウィッチのお弁当を作ってほしい」という要望がありました。

 
今までは、ご飯とおかずのお弁当でしたので、お友達のサンドウィッチのお弁当が珍しくてうらやましかったようです。

 
〇卵のペーストのサンドウィッチ

まずは、卵のペーストのサンドウィッチと、レタスやキュウリの野菜サンドを作って持たせました。

 
子どもに食べさせる食材には気を使っていましたので、卵のペーストを作る際に使用するマヨネーズは手作りしていました。調味料はたくさんの添加物が入っており、味も濃いので私は敬遠しています。

 
マヨネーズのつくり方は簡単です。

卵 1個
塩 小さじ1杯
オリーブオイル 150cc
酢 大さじ2杯

1.オリーブオイルを除いた材料をミルサーにかけます。
2.オリーブオイルを3~4回にわけて加えます。

 
オリーブオイルは、血液をサラサラにする、悪玉コレステロールを減少させる、動脈硬化を防ぐ効果があります。そのため我が家では、油はオリーブオイルを使用しています。

 
使用しているオリーブオイルはエクストラバージンオイルです。エクストラバージンオイルは、オリーブの果実を絞った純粋な製品です。健康を考えて食事を作っていますので、こちらを使用しています。

 
他にも、健康的な油として注目されている、エゴマオイルや、アマニオイルを使用しています。

 
〇サンドウィッチに使うパン
サンドウィッチのパンはホームベーカリーで作っていました。白ごまを加えたパンにすると、香ばしい味わいになっておいしかったです。

 
市販のパンも添加物がたくさん入っていますので、健康のためにはパンも手作りをしてみてください。

 

甘いトッピングのサンドウィッチも入れてあげたいと思います

〇自家製ピーナッツバター
サンドウィッチのお弁当を持たせていくうちに、甘いトッピングのサンドウィッチを入れてあげたいと思うようになりました。

 
トッピングとして作ったのは「ブルーベリージャム」「りんごジャム」「イチゴジャム」「キウイジャム」そして、「ピーナッツバター」です。

 
ピーナッツバターのつくり方は以下のとおりです。

落花生     170g
無塩発酵バター 40g
はちみつ    小さじ1杯
砂糖      小さじ1杯

1.落花生の殻をむきます。
2.フードプロセッサーで混ぜます。油が出てきます。
3.すり鉢ですります。
4.再びフードプロセッサーで混ぜます。
5.バターを入れて混ぜます。
6.砂糖を入れて混ぜて完成です。

 
市販のピーナッツバターと比べると甘みがおさえられていて、ピーナッツの食感も残っていてとてもおいしいです。

 

メインの落花生はもちろん、安心できるショップから取り寄せました

使用した落花生は通販サイトからチョイスしました。食材を取り寄せよせる際には、取扱店舗が自社製品に対して自信をもっているか、品質管理を徹底しているかを気にしています。

 
今回は千葉県の落花生を、このショップしかないと思うお店から取り寄せました。

 
自家製の食材を作る際には、食材はもとより、調味料にまで気を配るといいかもしれません。家族の健康を守るために、こだわりを持って作って欲しいです。