8000年以上続く塩作り!伝統を守る職人の技を観て・知って・体験!

普段、当たり前に食べている塩。

製塩されるまでには職人の苦労と工夫がたっぷり詰まっているんです!
立地を利用して、伝統的な方法を見れる場所が沢山あります。

塩はどこの家庭にも必ずいつもストックされていて、味付けには欠かせない定番調味料の1つです。

食べ物を腐りにくくしたり発酵を調節したりする働きもあるので、保存用としても使われています。
食品以外にも塩の特徴から様々なことに利用されています。例えば、ソーダ工業用や水処理施設関係etc…塩には日常生活にも便利な使い道があります。

頑固な汚れが気になる排水管に塩・酢・重曹を注いで放置し、お湯を流せば詰まりがスッキリ。
銀製品のスプーンやフォーク等に使ってもキレイになります。毎日使って汚れが定着するコーヒーマシンも塩・氷・水を入れて混ぜればキレイになっていきます。

料理をよくする人に試して欲しいのが、調理時に少し塩を入れると油ハネを防げます。
冬に車の窓ガラスが凍った時の氷取りにもOK。

コンロの汚れは面倒だからといって長く放置してしまうと本当に大変ですよね。
そんな時に塩をまいてこすれば汚れが落ちていきます。

塩はミネラルが豊富なので酸化防止の効果があります。色々な掃除の道具としても活躍できますね!

そして、塩作りの最大の魅力は海からの恵みを存分に味わえること!!!

塩を作る時に必要な材料は少ないものの、自然からのいただきものを加工していく過程は思っている以上に壮大なものです!
普段、当たり前にお店に並び、当たり前に手に取り、食べている塩も、塩作りを知ったり自分自身が体験することで、有り難みや美味しさが増しそうです。

産地が違えば味も違い、製法も違います。
天然塩はミネラルも非常に多く含み、副産物として取れるニガリは豆腐作りにも使えます♪

塩は大昔から作られてきましたが、時代とともに製法が変わっても、海水から塩を作る。
という根本的な作り方は変わっていません。

何千年たった今でも変わらない、というところがまた不思議な気分にもなり歴史を感じることができる部分となっています!