竹で作る竹細工!数多くある編み方がまるでマジックのよう!?

素朴な素材、竹を使って編みあげて作る竹細工。

材料は1つなのに加工の仕方や編み方で全く違う仕上がりになります!
魅力たっぷりの竹細工体験をしてみませんか?

まずはじめに「竹細工」とは、
竹そのものを加工したり竹を割って棒状にした竹ひごと呼ばれるものを編んで細工をし、出来上がったものです。

竹細工には主に3種類あります。

日常的に使うものとして「荒物」は農具や漁業の際に使う物が作られました。
芸術やアートとしての意味が深い工芸品」は主に茶道の際に使う道具があります。
昔懐かしい「玩具」には竹とんぼや水鉄砲が有名です。

みなさんは竹細工を見たことがありますか?使っているのは竹1つ、それなのに全く別のものが出来上がるのはまるで魔法かのようです!色や模様をデザインになるように考えて編んでみたり、編み方1つとっても違う作品になる竹細工は、人それぞれの味わいが滲み出ます。

職人ともなれば、その編み方や作品に見とれてしまいそうです!

材料となる竹そのものも非常に味わい深く、魅力たっぷりです。
真竹という種類が多く使われているのですが、竹細工として使われるまでに様々な加工がなされています。

切った竹をそのまま使う青竹は耐久性に弱いのが難点ですが、簡単に手に入れることが出来ます。
その点、乾式という火であぶる方法・湿式という煮沸する方法・油抜きをして作る晒し竹・燃焼させた炭化竹は耐久性が強い竹のが特徴です。

他にも切ってから数ヶ月〜数年の間、自然に枯らせたもの。
なかでも十数年、囲炉裏等の煙にあたらせた煤竹は、耐久性が強い上に手に入れにくく非常に高価なものです。
長い時間、煙のあたる場所によって色が違い独特な色合いが出るため、1本数十万円で取引されている場合もあります。

11月から1月が竹の切り時なので、自分で切り出してみても面白そうです!

その場合は所有者に気をつけて下さいね。

ちょっとだけ日本を離れベトナム・ハノイに来ました!

ベトナムのハノイからの発信です。

23歳の時に世界一周をしたり、2000年くらいから東京を基点として色々な場所に旅行をしています。

初めてベトナムに行ったのが2008年、2012年からベトナムの北側ハノイと東京を行ったり来たり。

ハノイの街、といえば、

とにかくバイクが多い、ただ思っていた以上に高級車も多い。富裕層は日本の比になりません。

朝と夕方のラッシュ時には至る所で渋滞がおき、徒歩、自転車、バイクはもちろん車でなんか絶対いたくありません。10分で着くところが40分くらいかかることもあります。

それからお店。

カフェや食事処、服や、雑貨屋など、その他ビルを含めてもう他に建てる場所がないほどひしめき合っています。

面白いのが、ハンコ通り、靴や通り、とか同じものを売っているお店が隣同士で並んで通りになっています。
大丈夫なのか?と心配になります。

そして特に飲食店の入れ替わりが激しすぎます!

1ヶ月ハノイを留守にするともう違うお店になっていたりします。
どうやら作るのは簡単らしい。

まだまだコネの世界ではありますが、、収入が低い人が多いので自分で何かビジネスを始めたい、お店を作りたい、と単純に考えている人が多く、継続することを考えている人は少ないみたいです。

ハノイの観光?

ん〜、住んでみるとなかなか思いつかない。

ホアンキム湖は緑や花が多く湖周りにベンチもあるので朝にはランニングや散歩、夜にもランニングや散歩。夜はライトアップされてデートスポットになっています。

週末に開かれるナイトマーケットにはとても多くの人が行きます。
沢山の出店でショッピングを楽しんだり、人間関係にお酒の文化があるのでビアホイは歩く場所がないくらいになります。

ハノイの食べ物、といえば

ベトナム料理と言われてパッと思いつくのがフォー・バインミー・バインセオ(ベトナム版お好み焼き)・ブンチャーあたりが有名でしょうか。
ハノイ市内にあるお店でお気に入りが幾つかあります。

中でも意外だったのがプリン!

ベトナムでは全くスイーツの期待もイメージも私の中ではなく、外国独特の甘〜い感じなのかと思っていました。

建物や食べ物に元フランス領の影響が強く残っていてプリンは何と言っても『安ウマ』!!で、1個30円くらいから売っていて街中色々な場所で食べられます。

他にも、パンやケーキが甘すぎない?笑

適度で美味しいお店があります。

それからフランス料理のコース。
日本ではなかなか行けなくてもハノイで行ってみてもイイかも♪